(事例発表)SLS<スマート・ライフ・ステイ>サミット開催に伴う伊仙町の事例発表に関するご紹介

保健福祉課:2016.09.26

 平成28年11月29日(火)パナソニックリゾート大阪(大阪府吹田市青葉丘南10-1)において、様々な実証機関が行っている宿泊型保健指導に係る発表・体験・情報交換を行うためのイベント「SLS<スマート・ライフ・ステイ>」が開催されます。

 そのなかで、本町が「徳之島の大自然の中で学ぶ、6泊7日の長期ステイプログラム」に関する事例発表を行います。

 HPを閲覧されている皆さんにおかれましては、ぜひサミットにご参加頂き、本町の取り組みについてご周知賜りとともに、またご自身の健康づくりの一助になれば幸いです。

 

※詳細については、下記PDFをご覧下さい。

※参加料は無料です。(会場により昼食代等がかかります。)

 

<SLS(宿泊型新保健指導)>とは?

◎血糖値が高い方や治療中の方を対象に、食事や運動の体験実習・アクティビティ等を通じて、旅の中で「楽しみながら」行う「実践型」の新たな保健指導スタイル

◎地元観光資源や宿泊施設と専門職種がコラボしたプログラム

 

(事例内容に関するお問い合わせ先)

伊仙町役場保健福祉課 TEL:0997-86-3111

(イベントに関するお問い合わせ先)

宿泊型新保健指導プログラム研究班事務局 TEL:0562-82-0206

MAIL:sls-2015@grp.ahv.pref.aichi.jp

一覧へもどる

このページのトップへ