(イベントのようす)快晴の秋空のもと、好タイムが続出した「第38回伊仙町駅伝競争大会」

社会教育課:2016.11.15

毎年恒例の伊仙町駅伝競走大会が、11月13日(日)喜念浜海浜公園~糸木名小学校グランドまでの全8区間(16.6km)を舞台に行われました。

当日は、秋空特有の天気で風もなく、澄み切った空気のなかで午前10時のピストルの合図とともに喜念浜海浜公園入口から全8校区の代表が、ゴールまでタスキを繋ぐために勢いよくスタートし、沿道の声援を一身に受けながら、熱い戦いを繰り広げました。

レース前半は、1位~3位までの順位が伊仙・面縄・犬田布の校区間で目まぐるしく変わり、各中継地点でも情報が交錯しタスキを受ける選手たちのウォーミングアップに余念がないなど激しいレース展開でしたが、後半から1位と2位の差が大きく広がり、トップの座を伊仙校区が守りきりそのままゴール。伊仙校区は実に5年振りの優勝で、選手および関係者一同において喜びを爆発させていました。

今大会の様子は下記PDFでご覧になれます。また、facebookでも近日中に写真を掲載いたしますので、ぜひご覧ください。

※写真の権利は、すべて伊仙町に帰属するものとします。

関連ファイル
一覧へもどる

このページのトップへ