未来創生課:2017.01.10

平成29年1月7日に、「まち・ひと・しごと創生企業版ふるさと納税」に係る事業の一環として、児童生徒たちに徳之島学やキャリア教育、受験対策などの場を提供することを目的とした「いせん寺子屋」を開所しました。開所式には小中高生約40名が参加し、旧鹿児島県立徳之島農業高等学校の大会議室を中心に「みんなの知らない徳之島」の講義や、現役東大生らのオンライン双方向授業(東大ネットアカデミー)を行いました。

受講対象は町内の小学4年~高校3年生が無料で受講することができ、毎週土曜日(1、3月の第2土曜除く)の午前8時30分~正午の計10回。1回のコースと時間配分は、①徳之島の伝統・文化・自然を学ぶ「徳之島学」、島内外の専門家を招へいしたキャリア教育②有資格者とそれに準ずる講師による補習指導③東大ネットアカデミーによる受験生らネット授業(中高各3年生対象)④その日習ったことの振り返り発表(プレゼンテーション)などを行い、「子宝日本一のまち」ならではの教育環境を整備することで、他自治体の人材育成に関する施策の差別化を図ることが可能となりました。

今回のいせん寺子屋の開所にあたって、大久保明町長は受講生に向けて「島口や歴史文化など島を学ぶことも重要。向学心を持っていろんなことを吸収して欲しい」と述べ、直章一郎教育長からも「目標達成へ日々の勉強と努力をして欲しい」と話しました。

なお、引き続き受講希望者を受け付けていますので、希望される方は、以下までお問い合わせください。

 

(お問い合わせ)

伊仙町役場未来創生課、TEL:0997-86-3111

一覧へもどる

このページのトップへ