(イベントのようす)「島に生まれ 友と育ち 未来へと歩む」伊仙町成人式行われる。

社会教育課:2018.01.09
輝かしい島の未来を担う若者たちを盛大に祝う行事、「伊仙町成人式」が1月2日(火)に徳之島交流ひろば ほーらい館で行われました。
成人式には、町長をはじめ議会議長や各行政委員会、地域の方々など多数のご来賓が出席され、69名の「ハタチの門出」を祝いました。
式の冒頭、直章一郎教育長から「成人を迎えらたことにより『責任と自覚』を心に刻み、ここまで育ててくれた全ての人に対して感謝を言葉に表す事と、自分の夢をもう一度確認して欲しい」とメッセージを送りました。
また、大久保町長からは、「私たちは先人たちの苦労や力があって、前進してきたと思います。今年は明治維新150周年の記念の年でもありますが、皆さんには誇りを持って生きて頂きたい」と激励の言葉を送られました。
その後、青春メッセージとして登壇した東部代表の酒匂百衣奈さんは「作業療法士になって島に恩返しがしたい。そして地域の皆さんから頂いた意義深い教訓を胸に刻み、社会という大海原に胸を張って船出して行きたい」と語り、中部代表の佐倉こはるさんからも「徳之島が世界自然遺産登録になった時は、大学で学んでいる英語を生かして外国との架け橋になれるよう取り組みをしたい」と、愛郷精神に溢れたメッセージを届けました。
最後に、新成人を代表して元原 惇さんから「二十歳を迎え、皆様々な立場にいますが、自分たちの行動に責任を持ち、社会の一員として向上心を持ち続け、日々精進する所存です。」と謝辞を述べられ、成人の節目を機に決意を新たにしていました。
成人を迎えられました皆様、おめでとうございました!
一覧へもどる

このページのトップへ