地域包括支援センタ-:2015.11.19

木之香集落介護予防講演会 

 11月18日に木之香集落生活館にて、介護予防の講演会がありました。
 この講演会は、平成27年度長寿社会づくりソフト事業で行われています。この事業は、財団法人地域社会振興財団の補助で行われており、木之香集落がモデル地区となり、集落住民が主体となって事業を進めています。
 講演会講師として木之香集落出身の作業療法士 芳村 潔政さんが来てくださり、椅子に座って行う運動や、床で行う運動、またその運動でどこの筋肉が鍛えられるのか、どんな効果があるのか等詳しく教えていただきました。自宅でも運動ができるように写真付きの資料まで用意してくださり、皆さん大事そうに持って帰られていました。
 最初は15名程度の参加者を見込んでいたんですが、他の集落の方等20名を超える方々が集まり、皆さん「素晴らしい講演会だった。うちの集落でもやってもらいたい。」等の声が上がりました。
 また、木之香集落駐在員の川本 博光さんが、未来のあるべき集落の姿をどうとらえるのか?をテーマに、考える集団を立ち上げて未来志向の下、取り組んでいらっしゃいました。

関連ファイル
一覧へもどる

このページのトップへ