(公募)伊仙町定住促進住宅建設設計施工公募型プロポーザル募集について

建設課:2017.08.21

◎伊仙町定住促進住宅建設設計施工公募型プロポーザル募集に係る概要

(1)プロポーザルの名称

 ・伊仙町小島定住促進住宅建設設計施工公募型プロポーザル

            (※以下「プロポーザル」という。)

(2)プロポーザルの方法

 公募型プロポーザル方式

(3)主催者

 伊仙町

(4)事務局

 伊仙町役場 建設課

(TEL:0997-86-3111 FAX:0997-86-2301)

 Mail:iken_ju@po5.synapse.ne.jp

目的

 伊仙町は鹿児島県の徳之島の南西部に位置し、町の北部にある標高417mの犬田布岳から、南の海岸線に向かってゆるやかに傾斜し、海岸線はさんご礁と奇岩が多く、変化に富み隆起さんご礁が沖合いに伸び、遠浅を形成している。面積は62.7k㎡の自然豊かな町である。また、徳之島3町の中では耕地面積率が最も高い町で、市町村の合計特殊出生率が2期連続日本一に輝き、2人の世界最高齢者の出身地で、本町では長寿・子宝・闘牛を地域力が生んだ宝と位置づけ、国に対して『少子高齢化対策としての「長寿・子宝モデル徳之島」』と題し具体的政策を提案しています。しかし、過疎化や少子高齢化の波が進む中、70年前の本町の人口17,000有余人から約7,000人と町の人口は減少し続けております。これ以上の減少を食い止めるため、町民やUIOターン者向け住居の確保及び雇用の拡大にも努め、社会構造における町経営のビジョンと方策を打ち立て、豊かな自然とゆとりある住環境を維持・向上させ「誰もが行ってみたい町づくり」を目指しています。そのビジョンの実現の為に、定住促進賃貸借住宅の建設を計画し、UIOターン者のために低価格で充実した生活環境を提供することで、次のステップである個人住宅の建設に誘導するものであり、同時に本町の財政事情を考慮し、リース契約により投資額を分散させることで、財政面においても負担を軽減させたいと考えている。そのため、本事業は町の管理する土地を有効活用し、町有地に民間事業者が資金を調達したうえで賃貸用住宅を建設し、完成した建物を本町が借り受けることとするものである。

 なお、「長寿と子宝の町」・「人情豊かなもてなしの町」として更に情報発信し、町勢発展のため、「雇用・定住・所得増に挑戦する活気あふれる伊仙(まち)」をキャッチフレーズに第5次総合計画を策定し今後のまちづくりに繋げていく事業と位置づけている。賃貸住宅建設については、低額な家賃で町UIOターン者に提供するため、民間事業者の知識・ノウハウ等を最大限に発揮すると共に、供用開始後の管理についても入居者からの問い合わせに迅速に対応できるよう、設計と施工そして管理を一括して契約する方式を採用するものとする。また、建物及び諸施設が完成し、リース期間が開始する前に名義及び権利を本町へ移転(移転登録)する特約付きの契約を締結することを条件とする。
一覧へもどる

このページのトップへ