きゅらまち観光課:2017.06.20

 今年もヤスデが発生しやすい季節がやってまいりました。

 鹿児島県ではヤンバルトサカヤスデが平成3年に初確認されて以来、年々生息域が拡大しています。

 ヤンバルトサカヤスデは、人・農作物に直接被害を及ぼすことはありません。

 しかし、繁殖力がとても強く、おびただしい数で集団移動したり、家屋へ浸入したりすることから、人に不快感を与える「不快害虫」とされています。

 町民のみなさん、事業者のみなさんにおかれましても、まん延防止にご協力ください。

一覧へもどる

このページのトップへ