(イベントのようす)スポーツの秋!駅伝は伊仙校区Aが総合2連覇達成!大会記録も更新!

社会教育課:2017.11.14

平成29年度伊仙町駅伝競走大会が、11月12日(日)に開催されました。

今回で39回目を向かえる同大会。今大会は、12月3日(日)に瀬戸内町で開催される「第58回日本復帰記念駅伝競走大会」の選手選考も兼ねたレースとあって、各選手がチームの優勝と区間での記録更新を目指して、序盤から熱い戦いが繰り広げられました。

競技は、午前10時に大久保 明 町長によるスタートの合図とともに、熱い火蓋が切って落とされ、1区の喜念浜公園入口からゴールの糸木名小学校までの16.6kmを各校区の代表選手が沿道で大きな声援を受けながら、1本のタスキを繋いでゴールを目指しました。

レース序盤は上位が入れ替わり、激戦が予想されましたが、中盤から優勝候補筆頭の伊仙校区Aが徐々に他の校区との差を広げ、2位の犬田布校区に約4分近くの大差をつけて見事2連覇を達成。同時に大会新記録(従来の記録より3分01秒更新)も達成して、Wで輝かしい成績を収めました。

レース後、優勝した伊仙校区Aの中川正一監督は、「選手選考から、練習に至るまで全て選手・コーチ・保護者・学校関係者と話し合いを重ねて、さらに実際のコースを試走させた成果が出た。特に、記録については前回の記録をチームで共有して練習した結果」と勝因を語り、来年についても「優勝を目指すための良いメンバーがいるので、他の選手も含めて経験を積んで自信をつけて欲しい」と語りました。

年々記録更新への大きな期待がかかる駅伝大会。来年も熱い戦いを繰り広げ、町全体を一層盛り上げてくれるのではないでしょうか。

(大会結果)

1位:伊仙校区A(1:02:49 大会新記録)

2位:犬田布校区(1:06:08)

3位:面縄校区(1:07:34)

4位:鹿浦校区(1:09:51)

5位:伊仙校区B(1:10:04)

6位:糸木名校区(1:10:33)

7位:喜念校区(1:12:16)

8位:阿権校区(1:12:22)

9位:馬根校区(1:14:21)

(個人結果)※区間新記録のみ掲載

4区<2.6km>義 莉奈選手(0:09:34)

7区<2.2km>國島 毅選手(0:08:05)

※写真は、優勝した伊仙校区A・2位の犬田布校区・3位の面縄校区。また、今大会区間新記録を達成した義 莉奈選手と國島 毅選手。

 

 

 

一覧へもどる

このページのトップへ