「全国地方創生協議会」にて大久保町長が登壇しました

未来創生課:2017.12.20

2017年12月5日、東京プリンスパークタワーにて開催された「全国地方創生協議会」において、大久保伊仙町長が登壇し

 

「出生率日本一 ~ 伊仙町の地域力が日本を変える ~」

 

のタイトルで、少子化に突入した日本社会の在り方へ、一石を投じる講演を行いました。

 

当日は、Wikipedia創始者やTwitterの創始者など、世界を変えた起業家たちによる講演と並び、日本国内のそうそうたる起業家メンバーによる討論があり、過去20年間での日本社会を取り巻く環境が、どれだけ変わったか、世界各国の中での日本の立ち位置に関してなど、鋭い意見が交わされました。

 

その中で伊仙町長からは、地域文化に基づいた独自の地域づくりを行い、結果として長寿と子宝日本一を達成している、という視点での事例紹介があり、東京一極集中、機能の集約化に反して、各集落を活性化することで地域を活性化する、「集約から分散へ」という一貫したメッセージを2000人余りの聴衆へ向けて発しました。

 

これからも先進的な企業と伝統文化を守る島社会がつながることで、昔ながらの良さを生かしつつ、激変する社会に対応可能な地域づくりに邁進していきます。

一覧へもどる

このページのトップへ