きゅらまち観光課:2018.05.18

 地球温暖化とは、人間の活動により「温室効果ガス」が大気中に大量に放出され、地球全体の気温が上昇する現象を言います。

 地球規模で気温が上昇すると、海面上昇による陸地の水没や異常気象の頻発が起こり、ひいては生態系や農業などへの影響、気象災害の甚大化、伝染病の拡大などが懸念されます。

 実際に、ここ数十年の気候変動により、氷河の融解や海面水位の変化、洪水や干ばつなどの増加、陸上や海の生態系への変化などが観測され始めています。我が国でも異常高温や大雨の年間回数は増加しており、地球温暖化の影響が考えられます。

 2015年には、「2030年の排出量を2013年比で26%削減」を削減目標とした「日本の約束草案」を国連気候変動枠組条約事務局に提出し、2016年に「地球温暖化対策計画」および「政府実行計画」が閣議決定されました。

 伊仙町でも国の削減目標に沿って、本計画の推進により、2030年度までの事務作業から排出される温室効果ガスの総排出量の削減目標を40%削減に設定しました。

一覧へもどる

このページのトップへ