きゅらまち観光課:2018.04.09

 今年に入り,捨てられたと思われる親犬や子犬が保健所に多数保護されています。


 ペットを捨てることは犯罪です。捨てられた犬は野犬化し,人を咬んだり,野生の動物を食べたりして自然を破壊する原因にもなります。また,犬自身も交通事故に遭ったり,病気になったりする危険性があります。


 「散歩をさせるのが面倒」,「子犬が増えて困る」,「繋いでおくのはかわいそう」と言った身勝手な理由や思い込みで,犬が放たれ,捨てられています。

 飼い主は最後まで愛情を持って犬を飼う責任があります。

 犬が増えすぎないように不妊去勢手術をし,逃がさないようにしなければなりません。

 これ以上,不幸な犬を増やさないために,ルールを守って,命終えるまで大切に飼ってください。

一覧へもどる

このページのトップへ